スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)

 顔などに著しい傷が残った際の労災補償で、男性よりも女性に高い障害等級を認めているのは違憲として京都府内の男性(35)が国に障害補償給付処分の取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省が、国に同処分の取り消しを命じた京都地裁判決について、控訴しないことが10日、分かった。

 現在の労災の障害等級制度では、容姿に著しい傷跡が残った場合、女性は男性より等級が高く給付額の差も大きい。控訴断念に伴い厚労省は、男性の障害等級を取り消したうえで、障害等級制度そのものの見直しをすすめる。

 原告の男性は平成7年11月、勤務先の金属精錬会社で作業中、大やけどを負い、顔や胸などに跡が残った。園部労働基準監督署は16年4月、男性の障害等級を11級と判断。原告側によると、障害等級では、女性が同様のけがを負った場合、5級と認定され、男性は裁判で「法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」と訴えた。

 5月27日の京都地裁判決は「著しい外見の障害についてだけ、男女の性別で大きな差が設けられているのは不合理」などとして男性の訴えを認めた。10日が控訴期限だった。

【関連記事】
顔やけどの労災補償「女性との差は不合理」 男性差別に初の違憲認定
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし
工場労働者家族の悲劇 国の無策「許せない」 泉南アスベスト国賠訴訟
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定
過労で寝たきり ファミレスに1億8千万円賠償命令

樽床伸二国対委員長会見詳報(1)(産経新聞)
首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
<雑記帳>ゲンジボタル模したうどん 滋賀・天野川(毎日新聞)
居酒屋の窓から男性転落死 業過致死の疑いも(産経新聞)
スポンサーサイト

<阿久根市長>職員、市議らのボーナス半減を専決処分(毎日新聞)

 議会出席拒否を続けている鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は、市職員と市長、議員の今年のボーナスを半額カットする条例改正を、市議会に諮らず専決処分し28日、公布した。地方自治法は緊急を要する場合に首長の専決処分を認めているが、議会側は「話し合いもなく市長独裁だ」と強く反発している。

 市によると、ボーナス支給は6、12月。今回の条例改正で職員約200人と市長、議員16人のボーナスは前年比で約半額になる。浜之上大成議長は「議員はともかく、職員分を半減するのは重要案件。職員組合と交渉し議会に提案するのが筋で、独裁政治そのもの」と批判した。【馬場茂】

【関連ニュース】
阿久根市長:市体育協会の会長職を要求
阿久根市長:「花火規制条例」を専決処分 議会側反発
阿久根市長:県警が任意聴取 選挙中ブログ更新
阿久根市:市長派と反市長派が怒鳴り合い…市議会特別委
口蹄疫:阿久根の市民団体、市長に防疫強化を要望 /鹿児島

<水俣病>第三者委員会座長に元水俣市長の吉井氏(毎日新聞)
JR新快速の速度計が故障 兵庫・姫路、影響8700人(産経新聞)
デンソー社員、盗撮で逮捕=iPodカメラ機能を悪用―愛知県警(時事通信)
口蹄疫猛威 子牛高騰、感染に戦々恐々 「ひとごとでない」秋川牛(産経新聞)
戦略5分野で149兆円市場=雇用258万人増―経産省ビジョン(時事通信)

巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)

 福岡県警は27日、被害届などの捜査書類69件227点を処理せず自宅などに隠したとして、八幡西署の男性巡査長(31)を停職6カ月の懲戒処分とし、うち時効に掛からない9件35点分について、公用文書毀棄(きき)容疑で書類送検した。県警によると、「文書作成能力が劣っていて提出が遅れ、しかられるので隠した」などと話しており、同日付で辞職した。
 県警によると、巡査長は2005年5月~昨年8月、勤務していた早良、八幡西両署で扱った窃盗事件などの被害届や捜査報告書などの公文書を自宅や交番のロッカーなどに隠した上、同月に上司に発覚しそうになって7日間失跡した。 

首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
ヒグマに襲われた?山林に70歳代の男性遺体(読売新聞)
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件(医療介護CBニュース)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)

官房長官、徳之島住民と面会=普天間移設で協力要請(時事通信)

 平野博文官房長官は15日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、基地機能の一部移転先に想定している鹿児島県・徳之島の住民と鹿児島市内で面会した。平野長官は、沖縄の基地負担軽減のため徳之島側の協力が必要だと説明し、理解を求めた。これに対し、住民側は「政府としてどう考えているのか、できる限り情報提供してほしい」と要望した。
 平野長官が鹿児島市に入り、徳之島の関係者と話し合うのは12日に続いて2回目。面会には、徳之島3町の元町議や経済団体関係者ら8人が参加した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

つけて車検はずして納車…排ガス浄化装置詐欺(読売新聞)
雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
<たちあがれ日本>消費税増税 園田幹事長「野党が提案を」(毎日新聞)
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱(医療介護CBニュース)
元妻の連れ子と無断で「結婚」 婚姻届偽造の57歳男を容疑で逮捕(産経新聞)

器物損壊 鳩山一郎元首相墓に黄色塗料 谷中霊園(毎日新聞)

 6日午前5時50分ごろ、東京都台東区谷中7の谷中霊園で、鳩山由紀夫首相の祖父・故一郎元首相の墓石に塗料が付いているのを、散歩中の男性が見つけ110番した。警視庁下谷署は器物損壊事件として捜査している。

 下谷署によると、塗料は黄色で、墓石の正面全体に付いていた。スプレーで吹きかけられたとみられる。巡回警戒中の署員が5日午後11時40分ごろに確認した際には異常はなかったという。

 谷中霊園は終日出入り自由。鳩山家の墓石が3基並んでいたが、中央の一郎元首相と妻薫さんの墓石1基だけに塗料がかけられていた。警視庁から連絡を受けた鳩山首相は6日午前10時40分ごろ、下谷署員とともに谷中墓地の現場を訪れ、墓前に手を合わせた。【山本太一】

【関連ニュース】
普天間移設:首相と徳之島3町長の会談、7日で調整
水俣病:首相、国の責任認め謝罪…慰霊式に初の参列
水俣病:慰霊式…首相、初の参列
普天間移設:徳之島3町長、首相と面会へ…反対民意伝える
米誌タイム:鳩山首相を選出…最も影響ある100人

雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
<民主党>小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める(毎日新聞)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。